鉄道

Train

車両のご紹介

    モハ14760形
  • 当社創立50周年にあたる昭和54年から56年にかけて合計15両新造した当社初の冷房車。昭和55年には、鉄道友の会より「真に特色があると認められた車両」に対し贈られるローレル賞を受賞。
  • モハ14720形・モハ10020形
  • 昭和36年から39年にかけて12両新造。昭和61から平成4年にかけて冷房化。
  • モハ10030形
  • テレビカーとして知られた、元京阪電鉄特急用車両3000形。冷房化率向上のため在来車の代替として、平成3年から5年にかけて8編成16両導入。現在はすべてワンマン化改造されている。
  • モハ16010形・クハ110形
  • レッドアローの愛称で親しまれた、元西武鉄道5000形。平成7年から8年にかけて2編成導入し、鉄道線車両の冷房化100%を達成。主に、うなづき号、アルペン号などの特急電車に運用している。
  • デ7000形
  • 昭和32年から40年にかけて22両新造した、当社軌道線初のボギー車両。昭和59年から平成元年にかけて冷房化した11両が現在も活躍。
  • デ8000形
  • 非冷房で残っていた在来車を代替するため平成5年に5両新造VVVFインバーター制御方式を採用した省電力車両。
  • デ9000形(CENTRAM)
  • 平成21年12月に環状線用車両として3編成導入した、2車体連接構造の超低床車両。白、銀、黒のカラーリングを採用。愛称はCENTRAM(セントラム)。
  • T100形(SANTRAM)
  • 平成27年2月に新たに1編成導入し3編成となった。3車体連接2台車の車両構成。長さ約16m、定員74人乗りの超低床車両「LRV」。愛称はSANTRAM(サントラム)。