[富山地方鉄道の観光列車] アルプスエキスプレス ALPS EXPRESS

雄大な自然をワイドビューで楽しむ特等席へ。

新着情報

概要

アルプスエキスプレス : 外観

雄大な富山の大自然を観光列車で楽しみませんか。

富山地方鉄道の沿線には、広大な富山平野、雄大な立山連峰、蜃気楼で有名な富山湾、宇奈月温泉街があるなど、大自然に恵まれています。「アルプスエキスプレス」はこうした大自然との調和をモチーフに製作された観光列車です。木をふんだんに使ったインテリアで温かみと高級感に溢れる車内空間が旅情を募らせてくれます。

車両デザインは水戸岡鋭治氏

車両デザインは、九州新幹線をはじめ数々の列車デザインで知られる水戸岡鋭治氏によるものです。外観は西武鉄道時代のイメージを大切にしながら、車内は富山の大自然を存分に楽しんでいただくために、車窓の風景を絵画に見立てた木の窓枠や外向きのカウンター席など、様々な工夫が施されています。

水戸岡鋭治氏
建築、鉄道車両、グラフィック、プロダクトなど様々なジャンルのデザインで活躍。その数々の作品は斬新で、列車の旅の世界を革新したとして高く評価され、鉄道ファンから愛されている。ブルネル賞、ブルーリボン賞、菊池寛賞、グッドデザイン賞などを受賞。2013年にはJR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」を手がけて話題となった。

水戸岡氏デザインのイラスト 水戸岡氏デザインのイラスト
ページのトップへ戻る↑

列車紹介

アルプスエキスプレス : 2号車やサービスコーナーなど

2号車

景色を一望できる外向きのカウンター席、2人の旅を演出するカップルシート、4人掛けコンパートメントシート、ベンチシートなどバラエティ豊かな座席を配置。

アルプスエキスプレス : サービスコーナー

サービスコーナー

地酒や地ビールなどのアルコール類、ソフトドリンク、車内限定グッズなどを販売しています。

1号車と3号車 : 内観

1号車と3号車

2号車同様に床は木のフローリングになっていて明るく、ナチュラルな印象。座席は子供用ハイデッキシートや4人掛けのテーブル付コンパートメントシートもあります。

宇奈月ビール,黒部名水サイダー

宇奈月ビール   450円
黒部名水サイダー 300円

ページのトップへ戻る↑

沿線の魅力

ページのトップへ戻る↑

運行情報

ご好評いただいておりますアルプスエキスプレス号の運転については、新型コロナウイルスの影響により、当面の間運転を見合わせます。運行の再開については、当社ホームページ「新着情報」をご確認願います。

ページのトップへ戻る↑