富山地方鉄道の観光列車

富山地方鉄道では沿線の風景を楽しんでいただくため、特別仕様の観光列車を運行しています。ワイドビューの客席やドリンクバーが備わったアルプスエキスプレス、2階建て車両が組み込まれたダブルデッカーエキスプレス、昔懐かしい風情が楽しめるレトロ電車など…。いつもとは違う列車での移動は、旅の思い出をより色鮮やかなものにしてくれるでしょう。

アルプスエキスプレス

雄大な富山の大自然を観光列車で楽しみませんか。

富山地方鉄道の沿線には、広大な富山平野、雄大な立山連峰、蜃気楼で有名な富山湾、宇奈月温泉街があるなど、大自然に恵まれています。「アルプスエキスプレス」はこうした大自然との調和をモチーフに製作された観光列車です。木をふんだんに使ったインテリアで温かみと高級感に溢れる車内空間が旅情を募らせてくれます。

2号車(座席指定車)

景色を一望できる外向きのカウンター席、2 人の旅を演出するカップルシート、4 人掛けコンパートメントシート、ベンチシートなどバラエティ豊かな座席を配置。

  • サービスコーナー

    アテンダントがご案内いたします。地酒や地ビールなどのアルコール類、ソフトドリンク、車内限定グッズなどを販売しています。

1号車と3号車

2号車同様に床は木のフローリングになっていて明るく、ナチュラルな印象。座席は子供用ハイデッキシートや4人掛けのテーブル付コンパートメントシートもあります。

ダブルデッカーエキスプレス

雄大な富山の大自然を観光列車で楽しみませんか。

中間に2階建て車両を組み込んだ3両編成の観光列車。京阪電鉄の特急車両をリニューアルした車両を使用しています。2 階席は視点が通常車両より1 メートル以上高くなるので、いつもとは違う車窓の風景が目の前に広がります。
四季折々の姿を見せる雄大な立山連峰のパノラマビューを是非ご堪能ください。

2号車階下席(座席指定車)

座席のピッチが広く、ゆったりとくつろげます。視点の高さは駅のプラットホームと同じぐらい。通常車両では体験できないユニークな視界が広がります。

  • 2号車2階席(座席指定車)

    カラフルなシート、大きな窓が開放的な雰囲気を演出。視点が1メートル以上高くなるので、より遠くまで見渡すことができます。

  • ヘッドマークは京阪電鉄の鳩マークを復刻。

車体には京都三大祭りの一つ「時代祭行列絵図」が施されています。

レトロ電車

富山市内を走る路面電車に観光列車が新しく登場。

「昔の路面電車の面影を残す外観」をコンセプトに、1965年製の既存車両7000形を観光車両としてリニューアルデザイン。木をふんだんに使った温かみのある車内インテリア、木製の吊り輪、実際に使用されていた電灯など細部までデザインにこだわっています。富山市内を運行する路面電車の通常ダイヤに組み込まれ、環状線を除く1、2系統で平日6往復、休日12往復運行。通常運賃で乗車できます。

安らぎや温かみのある木をふんだんに使かった車内空間が心を和ませます。

  • モダンなデザインの座席

  • 運転士の目線を楽しめる踏み台

  • 天井の照明は、昔の電車に使われていた灯具を使用しました。

  • やさしい手触りの木製つり輪

運賃

大人200円、小人100円